その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

最近のリーディングセッションでは

spiritual_session

 

最近、リーディングのセッションでは、お客様がお話をしている最中に、その話に関係している人の姿がハッキリと見える時があります。例えば、お客様が「職場に体育会系の先輩がいて・・・」とお話をされていらっしゃる時、お客様のオーラに、髪の毛がやや短めで丸顔で楕円形と四角の間のような形をしている眼鏡をかけている女性の顔が映し出されました。その特徴をお伝えすると「あっ、そうです!そのような外見の人です!」とお客様はおっしゃいました。またソウルリーディング&スピリチュアルコーチングのセッションの中では、時々、今起きている「イヤなこと」「不運に思えること」の原因をオーラを通じてリーディングすることが多々あるのですが、とある出来事に関しての原因を、お客様のオーラの中から得た際に「この出来事の原因は小学校3年か4年生の頃にあるようですよ。」などとお伝えすることがあります。その時期などもハッキリと出て来ることがありますので、何をされたかという事と同時に、その時期などもお伝えするようにしています。とあるお客様のセッションで、その時期をお伝えしたところ、お客様は「身に覚えがある」とおっしゃった上で「あー、それは多分、Aちゃんか、Bちゃんだと思います。」とおっしゃいました。するとお客様のオーラに、髪の毛を二つに結わえていて、その長さは肩にしっかり掛かっている状態でした。そして、脚がスッと長いような、まっすぐの脚の形をした女の子の後ろ姿が映し出されていました。後でその特徴を細かく確認してみると、Aちゃん、BちゃんのうちのAちゃんだったという事が分かりました。

 

これは結構よくあることで、以前、夫のオーラフィールドにアクセスをしたところ、背が高くて筋肉がしっかり付いている感じの体型で、肩がいかり型で、顔が面長で金髪の白人男性がオーラに映り込んでいました。「誰?この白人男性は?最近、そんな人と接したの?」と私がその男性の特徴を伝えつつ夫に聞くと、夫は少し考えた後「もしかしたら、この人?」と言いながら、ネットで検索した海外のサッカー選手の写真を私に見せました。それは、私が夫のオーラの中に観たまんまの白人男性の姿でした。当時、夫が仕事で頻繁にやり取りをしていた人で、その白人男性が、夫の手がけるものにかなり意欲を示していて、すごく楽しみにしていたとのことでした。それで、おそらくは意識のエネルギーが夫のところに飛んで来てしまったのでしょう。このように、意識のエネルギーは簡単に人のオーラに繁栄されてしまいます。ですが、大抵の場合、それは時間の経過とともに次第に自然に消えて行きます。しかし、思う相手に対して執着している場合は別です。

 

また、ある時はお客様が、とある人が言った言葉について話している時、その話し手の雰囲気が伝わって来ましたので「その言葉をあなたに言ったのは2番目の叔母さんですね?」と私がお聞きしたところ「そうです、なんで分かったんですか?」とお客様はおっしゃいました。何度か話題に上っている人のエネルギーというのは、話をお伺いするたびにその人のエネルギーを察するため、次第にそのエネルギーの感じなどを、特徴として覚えてしまうのです。それは話題に上る回数が多くなるほど、しっかり覚えてしまいます。以前よりリピート頂いているお客様ほど、ご相談内容に関する答えが更に詳細に渡って出て来るようになるのには、このような要因があるのではないかと思います。お客様と長く深くお付き合いをして行くうちに、お客様のオーラのエネルギーなどを私が覚えてしまい、その人のオーラの深淵な部分にまで馴染んでしまうのだと思います。また、それにはお客様側も私に対して信頼をして下さって、心を開いて下さっているからこそ、リーディングの時は私がお客様のオーラの深い部分まで見せてもらえるという事もあるのではないかと思います。だからリーディングのセッションを重ねるほどに、もっと細かく、さらに細かく、そして明確に物事の行方や、問題解決の糸口になるような情報をキャッチすることが出来るのだと思いました。そのような意味でも、いつも私のところにセッションに来て下さるお客様のみなさまには感謝ですね。心からありがとうをお伝えしたいです。

 

 
セッションでお会い出来るのをお待ちしております!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain