その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

自然に関する動物的本能からの直感

psychic-vision-disastar

住民の皆様の安全を祈っています

先日、ハワイ島のキラウエア火山が噴火したというニュースをWebで見ましたが、その内容によると、火山口ではなくその周辺地域でも、すごい音がした直後に地面から溶岩が涌き上がって来たとのことで、火山の近くの住宅街では、このところ地震が続いていたようですね。私は、キラウエア火山は絶えず溶岩が出ているような火山だから・・・と一瞬思ったのですが、ニュースの詳細を見てみれば、いつも通りの火山活動とは異なり、地元の人々もおそらく不安になってしまうのではないか?というような感じだったので「あれっ!?やっぱりそうなってしまったのか・・・。」と思いました。実は私は3週間ほど前に、このビジョンをうっかり受け取ってしまっていたからです。「もうそろそろ旅行しても大丈夫かな〜?オアフはダメだけど、ハワイ島なら行っても大丈夫かもしれない。」と思った瞬間にそのビジョンが降って来たのでした。私はこの6年ほどの間に、サイキックセンサー(霊能力)が意図せずとも大幅に開いて行ってしまい、歴史の深い場所や人が多い場所に行けば、必ずと言っていいほど、そのエネルギーを察知してしまうようになってしまったため、かれこれ6年ほど海外旅行をしておらず、海外どころか国内旅行もしておりませんし、人の多い都内や近くの観光名所などにも足を踏み入れておりません。サイキックセンサーが落ち着くまでは旅行やそのような場所へ行くのを控えておこうと思ったわけですが、それで、私のセンサーももうそろそろ落ち着いて来た頃かと思って旅行のことを考えていたのです。ただ、旅行先も大丈夫な場所とそうではない場所があるので選択肢が狭まります。今となっては、若い時にヨーロッパの国の殆どを旅しておいて本当に良かったと思いました。

判断が難しい微妙なビジョン 

ハワイ島にも今までに3回ほど行ったことがあるので、まだ行ったことの無いタヒチなどはどうだろうと思いつつも、ずっと夫がハワイ島に行きたがっていたので、私はハワイ島のことについて考えていました。ハワイ島のことを考え始めるとすぐに「今年はハワイ島はダメ!大きな地震が来るし噴火する。」という直感が降って来ました。そして噴火のビジョンも観えました。しかし「ハワイ島には元々活火山があるじゃないの。それにハワイ島に地震が来るなんて聞いた事がないし、今までにも来た事がない。」と思い直し、私自身がキラウエアの風景を頭に思い描いてしまったのかと思いました。あるときはタヒチの事を考えることもありましたが、ひとまずタヒチの事を考える時にはそのような直感やビジョンは降って来ませんでした。しかし、再びハワイ島の事を考えると、火山が噴火している図と共に「ハワイ島はダメ!それは通常の噴火ではない。」という直感が何度も何度も降って来るのでした。これは本当に判断が難しいビジョンですね。元々火山があるという思い込みがあるために、ともすると、降って来た直感やビジョンをむりやり振り払ってしまいそうな感じです。結局、私のサイキックセンサーも落ち着きつつも、さらに開いてしまっている最中であることがこのゴールデンウィークに判明したので、今年も旅行は7年連続お預けになりそうですし(繰り返しますが、本当に本当にどこにも出かけていないのです。)先日、本当にハワイ島で火山が噴火してしまったので、旅行の話は無かった事になりました。

意識を向けるとやって来るもの

このような自然災害について書いてしまうと、時々、地震や噴火などについて聞きたがる人が現れるので、これらについて書くのはあまり良くないのかもしれません。しかし、あくまでも私自身の記録としておきたいのでこうして書いておくのです。日本は地震大国ですので、多くの方が地震について気にしていらっしゃることと思います。それで「先日、○○県で大きな地震が起きましたが、あの地震についても月嶋さんは事前に把握していたのですか?」と聞いて来る方がいらっしゃったりします。これはお客様に限らず、ちょっとした友人知人も聞いて来たりすることなのですが、残念ながら、私はすべての地域で起きる地震について把握などしておりません。今回のハワイ島のように、私が意識を向けた場所に限って予め把握出来てしまうようなのです。私がたまたま意識を向けた場所が、近々地震や噴火が起きる状態になっている場合、上に書いたような直感やビジョンが降って来るのです。もしかしたら以前書いたフィリピン海プレートの件も、台湾に住む友人と頻繁にやり取りをしていた時期だったからかもしれません。311の時も、私の実の妹が東北地方で暮らしていて、その日が出産日だったために私に直感とビジョンがやって来たのだと思いますし、東京、神奈川、千葉、埼玉などの、たびたびの小規模〜中規模地震に関する直感も、私の夫が勤める会社が都内にあるためにやって来ているのだと思われます。これはもはや動物的な本能のようなものなのでしょうね。そのため、私があまり意識を向けない地域(家族や親戚、友人などが住んでいない地域など)の地震に関しては把握していない事も多いのです。自分の体感覚や直感と、実際にどこに地震が来たのかということを照らし合わすという事は15年ほど続けておりますが、改めてよく考えてみると、私が意識を張り巡らせているのは神奈川はもちろんですが、静岡や山梨、東京、埼玉、千葉、茨城〜北海道までの太平洋側のエリアだと思いました。これらは、地震が起きた時に私自身や家族に影響を及ぼしかねないエリアです。これらのエリアにいつもいつも、かなりの頻度で私の意識が向いているからこそ、地震が起きる12時間〜7時間以内にさしかかると、物理的に耳の鼓膜にも地震の前触れとなる感覚が来てしまうのだと思われます。今までずっと「私の耳は日本の西側と日本海側は拾わないことが殆どなのに、東側と太平洋側ばかり地震前兆を拾うのは何故なのだろう?」と思っていたのですが、今になってようやく腑に落ちた感じがします。これは意識を向ける事によって、動物的本能が働きやすくなっていたのですね。最後になりましたが、ハワイ島に暮らす方々の安全を心より祈っております!

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain