その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

プラスマイナスゼロの場所へ

plus-minus-zero-energy

色々教えてくれるネガティブな出来事

このブログをご覧頂いて初めてセッションにいらっしゃるお客様は、実はとっても多いのでした。殆どの方がブログから私のところにいらっしゃって下さいます。それで多くの方々が「こんな人っていたんだ!」とか「この突き放した感じがいい」とかおっしゃいます。突き放した感じというのは、以前の違うサイトのブログ時代からだと思いますが、おそらく「素」の状態だと思います。何だかよくありがちな「まあ、かわいそうに!あなたは何も悪くありませんよ。あなたは光に満たされているのですから。これからは天使の導きや助けによって良くなって行きますよ〜。」というような種類の言葉(何ていうの?エンジェルカードなんかによく書かれているような言葉)は私の中にはありません。まあ、厳密に言うと「根本的に誰もが ”元々悪い” なんて事は絶対にない」のは確かだと思いますし「誰もが(ある種の)光」だとは思いますし、また、誰にでも何か宇宙的な導きというものがある事は確かだと感じておりますが。そして、とあるレベルにおいては、他人を助けることが出来る人なんてどこにもいません。もちろん、自分を助けてくれる人というのもどこにもいません。自分を助けることが出来るのは自分だけです。もちろん、ちょっとした事で他人に助けてもらうということは日常の中で多々あると思いますが、そのようなレベルではなく、根本的なところで言えば自分を助ける事が出来るのは自分だけです。このことを踏まえて、先ほどのような類いの言葉について考えてみるとよく分かります。それは要するに、むやみにだたただ優しくしておいて、何も得るものなくそれだけで終わってしまうような言葉掛けというものです。よくスピリチュアルに傾倒している人や、セラピストやヒーラーなどにこのような感じのことを言う人も多いようですし、時々ネット上でもお見かけします。そのような言葉掛けをするのは、実はまったく簡単ではありますが、下手するとセッションを受ける方のためにはならないどころか、その人のマインドのレベルを下げてしまう可能性もあると思います。だからといって、もちろん責めるようなことや批判も致しません。私も人間ですので、人並みに労ったり、思いはかったり、気遣いや、手助けすべき時にサポートするくらいは普通にします。これらは何も特別なことではないですよね。まったくもって普通のことです。念のため誤解なきように書いておけば、上記のことは、普通レベルの親切や手助けはごく基本的なこととして踏まえた上で、さらにそこから先のレベルにおいての助け(自分を助ける/他人を助ける)ということについて言っています。

良くない事を引き寄せたいの?

ところで、人生の中で、または日常の中で起きるイヤな出来事というのは、単なる引き寄せの力が働いているのみならず、自分への何らかのサインだったり、調整どころを教えてくれていたり、行く道が間違っているということを教えてくれていたり、クセやウィークポイントを教えてくれていたりする要素などが含まれていると思います。それを見つけることが出来たならしめたものです。ということで、イヤな出来事の中にも宝はあると思うわけです。それは、すぐには見つからないことが殆どなのですが、よーく見続けていれば必ず見つかります。だから頑張って!一方、ただ優しさの中に逃げ込んでしまって何もしないでいれば、得るものは少なく、その状態から脱皮することも出来ないままでいる事になり、さらには再び同じ事を繰り返してしまう可能性もあるかもしれません。時には優しさの中に自分をゆだねる事や、癒しや休息も必要ですが、そこにずっと同じ状態で居続けようとするのはお勧め出来ません。すべてのものごとは大きく分けて2つの側面があるとされており(本来は1つだったものを、私たち人間が2つに分けた見方をするようになってしまったため)それらは例えば、ポジティブまたは光、動的だったり、ネガティブ、または影、静的だったりするわけですが、精神的な成長、ひいては魂の進化のためには、これらが2つに分かれた状態のままにしておくのではなく、1つに統合することが必要です。それを日常生活のなかに当てはめてみれば、日々起きる「良い」と感じることも「悪い」と感じることも、ひとまず両方受け止める必要があるということです。人生において(または日常において)良いことばかりを追い求めるということは、すなわち良くないことを自ら引き寄せているのとまったく同じことになります。

脱・桃源郷!

どうしても今の私たちの感覚では、良いことと悪いことの2つに物事を分けて考えてしまったり、判断してしまいがちですが、不快だと思うことの中にも、実は自分にとってのメリットや良きことが隠れていたり、快感だ(または良いことだ)と思うことの中にも、実は自分にとってのデメリットやネガティブなものが隠れていたりするのです。このことをよく理解しておくと、ぱっと見はイヤなことのように思える出来事や事柄なども、ただ単にイヤなこととして捉えたり、不快な感情を持ち続けるというようなこともしなくなって行きますし、良いことに感じる出来事や事柄に浮かれて足を踏み外したり、何かを取り違えたり、本来行くはずの道とは違う方向へ行ってしまうなどということも無くなって行きます。すべてのものごとを取り巻いているエネルギーの、ネガティブとポジティブのバランスを取るということです。私はこのバランスのことを±0(プラマイゼロ)と呼んでいます。心地良い状態だけを求める意識の次元は4〜5次元の状態です。桃源郷の状態です。折角このような時代に生まれて来たのですから、是非ご一緒にそこをさらに超えて行きましょう。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain