その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

ポジティブとネガティブの狭間で

negative-positive-zero-spiriual

イチオシは「自然な状態」で在ること

ネガティブな意識でそのような話ばかりをする人とは距離を取ったほうが良いと書いたのですが、実際そのような人と接さなくてはらない状況の時のために、普段から心がけておくと良いこととは、出来るだけネガティブな事を考えないということです。ここまでは世間でもよく言われていることでもありますが、ネガティブな事を考える代わりに、常にものごとを前向きに捉えるように心がけるのです。前向きというとポジティブとすごく良く似ているように感じますが、辞書に載っている意味そのままということではなく、ただ単に前を向いているだけの状態です。まあピタッと来る言葉が見当たらないので「自然な状態でいること」と言ったほうが良いのかもしれませんね。「邪気を呼ばないためにはポジティブなことを考えるほうが良いのではないの?」と思うかもしれませんが、ポジティブな事ばかりを考えていては実はNGなのです。これもエネルギーの法則にかかわりますが、ポジティブというものがあるなら、そこには必ずと言っていいほどネガティブもあります。

ポジティブだけでは済まされない

ネガティブとポジティブが存在している状態、これは、実は本来は1つであるはずのものが2つに分かれている状態です。どのような物事に於いても、ポジティブな事を考え過ぎたり、ポジティブな気分や高揚する気分でいればいるほど、必ずと言っていいほど後からネガティブな事を考えるような事が起きたり、気分が落ちたりします。これは宇宙によってバランスを取らされるのです。宇宙と言っても太陽系や銀河系そして様々な惑星のある、あの宇宙のことを言っているのではありませんよ。自然の摂理の事を言っています。ネガティブとポジティブ、この2つのどちらかに囚われている限りは魂の進化はありません。(念のため、私が魂が進化しているとか言っているわけではありませんので悪しからず・笑)時々私がセッションの中で「目先の刺激的なことやポジティブなものに囚われないように」と言うことがあるのはそのためです。このような事を言うと「そうは言ってもなかなか出来るものじゃないし・・・」と言う人が必ず出て来ます。セッションの中でも度々このような言葉を耳にしますが、そのように言っているからこそ、そのような捉え方をしているからこそ、いつまで経っても出来ないままなのです。何事も急に完璧に出来るようになるわけではありません。少しずつでも前向き(自然な状態)でいることを癖づけていく試みをされるほうが良いと思います。

あなたはポジティブなの?それとも?

私はプライベートでは、基本的にネガティブな意識の人は好きではありませんが、ポジティブな事ばかりたくさん言う人のことも、ネガティブな意識の人と同じくらい好きではありません。どちらもバランスが取れていないと感じますので、一緒にいても全く共感が出来ないのです。そして、ポジティブな事ばかりをたくさん言う人というのは、実はネガティブである事が多いです。ネガティブさを覆い隠している人ほどポジティブな態度をします。それって、隠れネガティブという感じでしょうか。そして、このような「一見ポジティブで、実は隠れネガティブ」な人というのは、周りの人々を次第にネガティブな状態にしてしまう事がよくあります。これは人間関係における心理的なエネルギーの作用によるものだと思われます。誰とは言えませんが、とある著名なタレントさんは、TVで見る限りとてもポジティブで明るく(見た目も発言や態度なども)振る舞っていて、プライベートでも同じような感じで明るく周りの人々にすごく優しくしたりするらしいのですが、実は私はそれを聞いてもあまり好感を持てませんでした。そしてよくよく聞けば、そのタレントさんの周りの人々はことごとくネガティブな状況に陥ってしまうというのです。その人が気にかけた人のお店はかなりの高確率で倒産してしまったり(一件、二件どころではない)身近なお付き合いの人々が鬱になってしまったり、自死してしまったり、その人と一緒に組んだ人が精神的におかしな状態になってしまったりしているのです。これはかなり強烈なレベルで心理的なエネルギーが作用してしまった例ではないかと思います。言葉がとても難しいのですが、本来このような呼び方はおかしいですし、そのような概念はないのですが、あえて「真のポジティブと偽のポジティブ」というものがあると仮定すると分かりやすいかもしれません。このタレントさんの場合で言えば、恐らく偽のポジティブということになるかもしれません。

物事の2つの側面を精神的に理解する

真のポジティブは先ほども書いたように、ただ単に自分の行く道の方向(すなわち前)を向いているだけの状態であり、あくまでも自然な状態に在ることです。そこにはネガティブもポジティブもありません。それらが統合された状態に在るのみです。そして、目には見えない世界からの観点からすれば、ネガティブなエネルギーというのは、ポジティブなエネルギーよりも引力が強く、引き下げる力も強いです。そしてポジティブなエネルギーというのは簡単に落ちてしまうようなものだったりします。ネガティブなものをついつい求めてしまう人というのは、更なるネガティブなものを求める傾向にあります。自分よりも下を探そうとしたり、悲惨な情報や物事に何故か無意識に心を惹かれがちだったりします。この場合は、気づかない限り止みませんし、ひとまず前向きに捉えて行く事でバランスを取って行くしかありません。一方、ポジティブなものを求める人というのは、ずっとポジティブなものを追い続ける癖がついてしまいます。ネガティブな自分を嫌い、そのような自分を受け容れられないからです。この場合も、そこに気づかない限りは止むこともないでしょう。そして、それは真のポジティブ(つまり統合された状態)ではありません。人の心も含め、どのような物事にも2つの側面があるということを精神的に理解し、自分の中で統合が取れた時、そしてただ単に前を向いて、自分の行く道だけを自然な状態で見ている状態に在る時に、ネガティブもポジティブも求めなくなるのだと思います。 

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain