その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

邪気は空間のどこにでも

neative-energy-lights

 

邪気はどこにでも浮遊している

このところ邪気について気づいた事を色々書いていますが、邪気は空中のあらゆるところにたくさん浮かんでいます。3次元的に見れば単なる「空気」ですが、違う次元から見ると、その空気の中に目一杯の邪気が浮遊しているように見えるのです。私はこれを肉眼で見ました。呼吸をしたら、空気と一緒に邪気が入って来てしまうのではないか?はたまた、自分も含めてみんな、空気ではなくて邪気を吸って生きているのではないか??(もちろん違います)などと錯覚してしまいかねない程、邪気は空中にたくさん浮遊しているのです。これを私は肉眼で見てしまいました。私の視神経は、通常では見えない波長の領域まで捉えてしまうような性質をしているのでしょうね。1〜2mmのとても細かい光の粒が空気中いっぱいに見えました。これは消灯後に自宅の廊下を歩いている時に見えたものですが、電気を付けていなかったため真っ暗闇の状態でした。その真っ暗闇の中にたくさんの光の粒(いつも人のオーラの中などに見えている邪気と同じもの)が見えたのです。しかしながら、人のオーラの中についているものよりは小さかったです。

邪気を寄せ付けないようにするために 

空気中いっぱいに邪気があるということは、そこが邪気だらけなのか?ということではありません。これはどこでも見えると思いますし、浄化した場所でも見えると思います。浄化していない場所であれば、この邪気の光のサイズもミリ単位どころではない大きさだったりしますし、空間の一カ所に留まっていたりします。(貼り付いているように見える)逆に言えば、浄化してある場所では邪気の光が小さな粒で見えているのではないかと思われます。それは固まっていない状態とも言えるでしょう。多くの方々が平然と不満を口に出したり、心に思ったりしているようですが、1回でも不満や愚痴やネガティブなことを口に出したり、心に思ったりすれば、一瞬で空中に浮遊している邪気の粒が、その人のところに吸い寄せられて来ます。時々、口を開けば不満や文句、誰かを責めるようなことばかり言う人がいたりしますが、そのような時というのは一瞬でその場のエネルギーが変化してしまいます。もちろん波動が低いほうへです。みなさまも、仕事で仕方なくこのようなタイプの人と関わる事があるかもしれませんが、プライベートでは関わらないようにされる事をお勧め致しますし、ご自身でもネガティブな発言や意識にならないように気をつける事をお勧め致します。ネガティブとは、例えば人を憎むとか恨むとか、人のせいにして被害者意識を持つとか、攻撃的になったり、妬んだり、批判したり、とにかく不満や愚痴だらけの状態をさしています。常日頃、人に対して責める気持ちを持っていたり、不満や愚痴ばかり言っていたり、ネガティブな思考回路でいると、次第に雪だるま式に邪気が溜まって行き、さらに強烈な邪気(霊のようなもの)を呼び寄せ、オーラの中に入られてしまいます。これを憑依といいますが、そのような憑依物もとめどなく更に増えて行ってしまうことはよくありますので、最終的にはネガティブが止まらない状態になりかねません。 

邪気の増え過ぎにご注意

あまりにも邪気が増え過ぎてしまうと、今度は他人のエネルギーを吸い取るようになってしまうようになったりします。私は今までにこのような人を3人ほど見かけました。(正直言えば、セッションでお目に掛かった方々を含めると、その数は更に多くなります。)よく「どうしたら憑依されないようになりますか?」というご質問を頂きますが、ネガティブなことにフォーカスしないという事が基本中の基本だと思います。また、ポジティブ過ぎるのもバランスが取れなくなりますので、平和で穏やかな心持ちでいることが重要です。また「再度、憑依されないようにするためにどうすれば良いか?」という事に関しましては、オーラのリセット#2をお受け頂いた方には、今後それぞれ個別にお伝えしていこうと思っております。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain