その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

これぞ解放のエネルギー!

energy-work-healing-spiritual

3月18日以降のエネルギーの変化 

↓関連記事

www.jyoti-session.com

エナジーフルーエンスのワークの中で、前回書いたような現象や、今から書くような現象が頻繁に出て来るようになったのは、記憶では3月18日以降からだと思われます。3月17日も午前午後ともにワークを行わせて頂いておりましたが、このような現象は起きなかったため、おそらくは3月18日あたりから私のエネルギーが変化してしまったのだと思います。今までに無いほど穏やかで静かな幸福感と清々しさを感じたのは18日の事で、そこから何もかもが順調に進んでいる感じがあるのですが、変化はそこから始まり、さらに21日には完全に変化後の何か(謎)が始まっていました。この変化が明らさま過ぎて驚いております。私は余計なエネルギーを割くことなく、オーラのエネルギーも更に邪気などに負けない強さになって来ているのを感じますし、何かをせずともエネルギーもいつでも満タン状態なのです。目には見えない部分で何が起きているのか不思議ではありますが、このような事って、自分にとって余計なものを削ぎ落としたり、煩わされていたものなどを削ぎ落とすと起きがちですよね。私は今はもうヒーリングなどを誰かから学ぶということは行っておりませんが、ワークで扱うエネルギーの精度を上げるという目的があるため、現在も意識の内側に残っている「手放すべきもの」や、ちょっとした「引っかかり」を重箱の隅をつつくかのように観て行きながら、結構な頻度でワークを行っているので、もしかしたらそのようなことも関係しているのかもしれません。(意識のエネルギーというのはオーラのエネルギーや波動とも非常に密な繋がりがあると思います。)

これは霊現象ではございません

それはさておき、土曜日の午前にいらっしゃって下さったお客様には、施術ベッドに全身が貼り付いたような状態になってしまい「意識はハッキリとしているんですが・・・」と仰るも、閉じた目を開けることが出来ないという現象が起きてしまいました。身体の一部や、半身がそのようになってしまった方は結構多くいらっしゃるのですが、みなさまかなり驚かれて「えっ・・・私、大丈夫ですか!?」と仰るお客様もいらっしゃいました。全身が貼り付いたような状態になってしまったお客様は他にも何名かいらっしゃったのですが、みなさまもきっと驚かれたことでしょう。そして、私があまりにもこのブログの中で霊のことについて書いているためか、ブログをいつも読んで下さっているお客様が、このような現象を「霊現象」だと思って一瞬心配されていらっしゃったのですが、これは霊現象ではなくレゾナンスワークにおいては「普通の現象」ですのでご安心下さいませ。エネルギーを観てみると分かるのですが、オーラの磁場が変化してしまう時に起きるようです。また、エナジーフルーエンスのワークや、集中的に浄化を行うようなコースをお受けになった直後は、人によってご自分の周りの物が勝手に動いたり、落ちたりするという現象が頻発しているようです。これも「霊現象なのかしら?」と思われがちですが、オーラの磁場が変化している最中だからです。ちなみに、霊は電気を帯びている感じ(というか、電気または電磁波そのもののように感じるのですが・・・。)がありますので、それが引き起こす現象とよく似ているような事が起きるのだと思います。ただ、よく観ればそれは似て非なるものだと思いますし、人によって3日〜10日ほどで、そのような現象も収まって行きますのでご安心下さいませ。

居てもたってもいられない!

ところで、土曜日の午後にエナジーフルーエンスのワークを受けにいらっしゃったお客様は、施術ベッドに身体が貼り付く現象どころか、強烈に身体のあちこちを動かしていらっしゃいました。ワークがあと少しで終わるという時に、突然両腕を直角になるまで挙げていらっしゃったので「起きていらっしゃいますか?」と尋ねたところ「突然目が覚めてしまったんですが、ちょっと手を挙げずにいられなくてすみません!」とおっしゃいました。腕への働きかけがまだ済んでいなかったため「すみません、右腕は挙げていても良いので、左腕だけ下に降ろして、あと数分だけ我慢してください。」とお伝えしました。すべて完了した旨をお伝えすると「ちょっと変なんですが、すみません!動きたくて動きたくて、じっとしていられないんです!!」と言って両腕をかなり強い勢いでブルンブルンと振るわせ始め「おかしいんですけど、脚も振って良いですか?」と言って、ご自身でもそれが可笑しいと思っていらっしゃるのか、笑いながら何度も「すみません、本当に変ですみません!」と言いながら施術ベッドに仰向けの状態で手足を天井に向けて振っていました。そして、振っている手脚の先から小さな光がたくさん出て行くのが肉眼で見えました。時々は20センチくらいの塊の光なども出て行きました。これらは超軽度の邪気や、それらが塊状にまとまったものでした。ここまでではないのですが、この週末までの間に、ワーク終了後に「何故だか身体を動かしたくなって来た!」「動かずにいられない感覚があります。」と仰っていたお客様が何人かいたのですが、起き上がって腕を前後左右に何度も振っていた方や、暫くのあいだ大きく脚をブラブラさせていた方もいました。このような現象は、今から4年以上前に行っていたアロマの施術中にもちょこちょこ起きていたのですが、お客様が身体を大きく動かしたくなってしまうという現象は、3月18日以前にはありませんでした。(もちろん、エナジーフルーエンスをお受けになったお客様のすべての方がこのようになる訳ではありません。)そして、土曜日の午後のお客様は、以前からリーディングのセッションも時々受けて下さっていたのですが、とても忍耐強い方で、それゆえか、意識の傾向が「溜め込みやすい」タイプの方でした。これまでにもマインドのワークを何度か受けて下さっていたのですが、今回エナジーフルーエンスのワークをお受けになったのは初めてでした。これまでにも「溜め込むクセをやめたい」と仰っていたので、そのタイミングが来たのか自動的に解放の方向へエネルギーが向いたのではないかと思いました。他の方について詳しい内容は書けないのですが、ワーク終了後に動的なエネルギーを発散されたお客様のほとんどが「やや溜め込む傾向」という部分について悩みが発生してしまいがちだったのです。今回のお客様は、ご自分でも「相当エネルギーを溜め込んでいたんだな〜って思いましたよ。」と仰っていました。そして昨夜、感想メールを頂いていたのですが、ご自宅に帰られてからも、ご家族のいない間に一人で踊ったり、腕をぐるぐる回してみたり、動きたい衝動は暫くのあいだ続いたようでした。ちなみに、動きたいあまりに、セッションからの帰り道は電車に乗らずに駅3つ分を走ってご帰宅されたそうです(笑)施術ベッドから動けない状態になるお客様がいらっしゃったり、動かずにはいられない状態になるお客様がいらっしゃったり、人によってエネルギーが向かう方向がさまざまなところが面白いですね。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain