その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

オーラに見える色々なもの

session_energyfluencework_spiritual

霊能力者に絶対必要なON&OFF

昨年以降は、それ以前に比べてサイキックセンサーのスイッチのONとOFFが出来るようになったため断然ラクになりました。ここに来るまでは、このサイキックセンサーがどんどん発達して行ってしまうせいで、思いがけず見たくないものを見てしまったり、色々な次元のものが見えてしまうために、あちらから寄って来られてしまったりと、自分ではどうすることも出来ずに辛い状態に在ったり、色々ととても大変な思いをしましたが、今はスイッチのONとOFFが出来るようになり、そして知らない間に繋がりたくない次元に繋がってしまうということも無くなり、安心してサイキックセンサーを使って行けるようになりました。子供の頃から持っていた霊能力が、今になってこのように変化を遂げるとは思ってもいませんでしたが、もしも私が今セッションを通じて人のお役立てているようでしたら幸いでございます。さて、ここから先は先日エナジーフルーエンスのワークの際の出来事を書き留めて行こうと思います。

オーラに映るたくさんの人

先日、エナジーフルーエンスのワークで、お客様のエネルギーフィールドにアクセスした直後のことです。お客様の肩〜頭の周辺に角のついた鬼のような存在が、黒い影で見えました。「あれっ?これは一体何かな・・・?」と一瞬エネルギー観察をした時、その存在がもの凄い形相をしているのがチラリと見えたのですが、その感じからすると、その存在が般若のようなものだということが分かりました。実際に般若という種類の存在が、見えない世界に実在しているということではないと思いますが、般若のように見える存在が居て、それがお客様のオーラにくっついていたという事には間違いありませんでした。ということで、それらの存在をまず取り除く作業から始めました。その他、たくさんの男性のエネルギーがオーラに付着していました。こちらも途中、取り除いてから作業を再開させたりしていたのですが、なぜ男性ばかりなのだろう?と一瞬思ったりもしましたが、ワーク中は私自身のエネルギーを一定に保ちながら作業にあたる必要があるため、それ以上考え続けることはありません。(※ちなみに、オーラに貼り付いていた邪気や人の強力な念などは、有料にて取り除く作業を承っております。)ところで、このワークを始める前にお客様へ「本日、調子はいかがですか?」とお伺いしたところ、背中が痛いとのことで、少し身体を動かしただけでも肺の後ろ当たりが痛むとおっしゃっていました。どの程度の痛みなのかなと思っていたところ、座ったまま上半身を少し前に倒しただけでも「痛たたた〜!」と声を挙げていらっしゃった程だったので、結構な痛みだったのではと思いました。この日のお客様のオーラフィールドは以前よりも重い状態になっていて、オーラのエネルギー的な付着物も、いつものように一瞬でサラッと取れて行く感じではありませんでした。そして、背中の痛みに関して作業を進めて行くも、こちらは更に頑固で強烈なエネルギーで、試みるもなかなか取れませんでした。エネルギーフィールドにアクセスした直後に除去した、オーラに付着していた般若や男性たちのエネルギーはスッと綺麗に消えて行きましたが、背中についていた痛みの原因となる邪気を対処する際は結構な時間がかかりました。しかも、除去の作業をした後もエネルギーの残像がハッキリと残っていました。この残像や破片のようなものもしっかり取る作業を行ったのに、なかなか消えませんでした。それほどに相当強いエネルギーだったのだと思います。「エネルギーフィールドから働きかけを行った場合、肉体に変化が現れるまで多少の時差がありますので、1〜2日、もしくは3日ほど様子を見て下さいね。」とお伝えしましたが、こちらのワークの翌日のお昼頃、急に背中の痛みが嘘のように消えたというご報告をメールで頂きました。そのようにお伺いして本当に良かったと思いました。こちらのお客様は大変サイキックな感性が強いので私もとても心配しておりました。

お客様と私が見たもの

ワークが終了した後はお席に戻ってもらって、ワーク中にオーラに見えたものをお伝えするのですが、私が「肩〜頭のあたりに鬼のようなものが見えましたよ。」と言うと、お客様は「(ワークが)始まった直後に般若が顔の前に見えて、スーッと上に消えて行きました。口から血を流していた。」と言ったので、再び私は「そう、まさに般若みたいなやつです!」と言いました。サイキックな感性が強いこちらのお客様にもしっかり見えていたのですね。その後は、このような感じだったとのことです。お客様から頂いた原文ままで掲載させて頂きますね。

 

本日もありがとうございました。
心から感謝いたします。

思い出しましたが、いつも私の足元で寝るハナ(ワンちゃんのことです)が、昨夜はやたらと顔の近くに来て寝ていました。それが今日教えていただいたことと繋がるのかわかりませんが。あと、今日の施術中、はじめはラベンダー色のようなミルキーカラーのイメージで、そこから同じ色のリボンが3つでてきて、1つずつほどかれていくイメージがありました。あとは、お姫様?のような人がまわりながら天に昇っていくイメージ。あと、私が歴代ご縁があった男性たちのイメージが、走馬灯のように流れたのもはじめの方にありました。今月は、自分の感覚を信じて自分を大切にして過ごしてみようと思います。
ありがとうございます。

 

今思えば、オーラに貼り付いていた男性のエネルギーは、お客様のメールにあるように歴代ご縁のあった男性たちのエネルギーではないかと思いました。ちょっとこちらに関する事は、こちらのお客様の事例とは別で、後日また改めて書かせて頂きたいのですが、エナジーフルーエンスのワークをお受けになるお客様の多くが、走馬灯のように過去の出来事や関わった人々の顔を次々と浮かんでは消えて行くとおっしゃいます。これはこのワークをお受けになったお客様のエネルギーが浄化〜変容されていくにあたって出て来る古いエネルギーだと思います。見えて来る内容は人によって異なっていますが、本当にかなり多くのお客様が同じことをおっしゃっています。不思議ですね。

 

このたびはエナジーフルーエンスのワークでのシェアを許可して下さったお客様には心より感謝申し上げます。これから更に変容が続いて行き、エネルギーがどんどんクリアになって行く速度も速まって行く事と思います。浄化と変容、ありのままの自分へ戻って行く旅は始まったばかりなので、これからがとても楽しみですね!

 
セッションでお会い出来るのをお待ちしております!
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain