その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

どうやらオーラだけでは無いようだ

aura-field-spirits-sripitual

肉体だけど肉体ではない場所

中程度〜強度の邪気が憑くのはオーラ(エネルギーフィールド)だけではないことをご存知ですか?軽度の邪気なら憑いている人はかなり多いように見受けられますが、中程度〜強度の邪気(この強度となれば、もはや霊です。)が憑いてしまう人も、まあまあいらっしゃるものなのですね。私は最初このことについて、実際に人の身体(肉体)に憑いているのを目の前で見ていたのにもかかわらず、すぐに信じることが出来ずにいたのですが、度々お客様の肉体の部分に憑いているのを目の当たりにし、実際にそれらを取り除いてみて「やっぱり肉体にも憑いてしまうものなのだな。」と思いました。去年の9月か10月にも、ワークを受けに来られたお客様が「首が自分の首じゃないような感じがして、ズレているような違和感がある。」と仰っていたので拝見したところ、首の後ろに中程度の邪気がベッタリと憑いていました。それをその場で取り除きましたが、取り除いた直後というのは何も変わらない感覚だと思いますので、本当に消えたのかな?と思われることもあるかもしれません。しかし実際は、取り除いてから時間が経つにつれて、その違和感が消えて行くと仰るお客様が多かったです。首の違和感を訴えていらしたお客様も、夜になったあたりから違和感が消えたとおっしゃっていました。許可をもらっていないため、ここには詳しく書くことが出来ませんが、他のお客様も同様に「取り除いてもらった後は、時間が経つにつれて違和感が消えて行った」と口を揃えておっしゃっています。

説明のつかない違和感

先日は別のお客様がワークを受けにいらっしゃった時に、左脇〜左胸と腕の後ろ辺りに妙な違和感があるとおっしゃっていました。「眠っている時に突然、左脇の奥に痒みのようなチクチクした痛みが走り、そこから一週間以上ずっと変な感じが続いている」とのことで、ぶつけたわけでも、痣があるわけでもないですし、段々その違和感が広がって来ているとおっしゃっていたので拝見したところ、スライムのようなアメーバのような邪気がべったりと貼り付いていました。やや強めの邪気というのは、大抵このように見えることが多いです。その場で取り除いたのですが、やはり作業直後は取り除いたと言っても違和感が少しだけ残っていました。その後、そのお客様はスポーツをしに行ったそうなのですが、不摂生をしたわけでもないのに心肺的に辛くて、すぐにバテてしまったそうです。定期的に身体を鍛えてたいり、食事の管理も怠らずに毎週何らかの形で身体を動かしているので、いつもはバテるような感じでもないのに変だと思い、まだ自分の左脇〜胸のあたりに何か憑いているのではないかと思ってしまったとのことでした。ところが、翌朝には身体自体がスッキリ軽くなって、違和感が消えていたとのことでした。こちらのお客様は、比較的前向きなものの見方をする感じの方で、滅多に邪気を呼び寄せるような感じの方ではないのですが「最近何かありましたか?」と訊ねてみたところ「最近は不満や嫌悪感にフォーカスする回数が、いつもよりも多かったかもしれません。」とのことでした。邪気はどういった環境下で人に貼り付いてしまうのか検証したいものですね。感性が強い人のところには否応なしに霊が寄って来るという傾向がどうしてもあるようですが、そのような傾向以外では、文句ばかり言っていたり、心の中で人の批判ばかりしていたり、ものごとの捉え方がどうしても不満な方向へ行きがちな人のほうが邪気(霊)の引き寄せ率が高いことには間違いなさそうですね。(または依存的な人)

3次元に降りて来るまでのガマン!

ところで、どうして肉体から邪気を取り除いた後、すぐにスッキリしないのか?ということですが、3次元の物理的な世界と、邪気を取り除く時にワークで扱う次元(7次元)のエネルギーの質に隔たりがあるからだと思われます。4次元のエネルギーを使って邪気を取り除けばすぐに肉体的(感覚的)にスッキリ感が得られると思われますし、観察してみた結果も実際にそうでした。とある同業の知人が「4次元の施術は3次元と近いからすぐに効くんだよ〜。(3次元と離れた次元)高次元ほど効いて来るのに時間がかかるよね。」と言っていましたが、まさにその通りで、4次元が3次元に近い次元であるため、扱うエネルギーの質も似通ったものがあるのだと思いますし、スピリチュアルな施術者の間でもよく言われていることのようですね。しかし4次元のエネルギーを使って施術を行っていると、次第に施術者も受け手側も気力を消耗し始め、最終的には身体の一部や命を奪われることもあるので取り扱い注意ですし、場合によってはとても危険です。説明がちょっと難しいのですが、3次元は物質的な世界であり、密度が濃く、波動も非常に重いです。3次元より少し離れた場所の、例えば7次元あたりのエネルギーの密度を濃くしていくことで、やっと3次元的な物質として現れてくるため、3次元から離れれば離れるほど、物理的に影響が出て来るまでに時間を要するのでしょう。エネルギーのタイムラグですね。ということは、高次元から働きかけて、物理的な部分に結果として現れてくるまでの間は、余計なことを考えないほうが良さそうですね。

 
今日もたくさんの応援を有難う御座います!
20170302214307
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain