その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

2018年で一番印象に残ったこと

enoshima-seaside-auracleaning

オーラのエネルギーも垢落とし

2018年の1年も人それぞれにたくさんの出来事があったと思います。この1年分のオーラの垢落としのような感じで、この12月はいつもより多くのクライアントさん達が私のところへセッションに訪れています。2018年もあと僅かですが、セッション後はみなさまスッキリされてお帰りになられます。レゾナンスワークをはじめ、オーラのアップデートやアブソルートクレンジングのご依頼がとても多いのですが、スッキリとクリアーなオーラのエネルギーで新しい年を迎えるというのはとても良いアイディアだと思いました。

必ず突破出来る!という意識をもつ

 この1年で私がセッションを通じて目撃した中で一番驚いているのは、やはり「レゾナンスワーク系のセッション」での変化についてです。一番人気だったのはエナジーフルーエンスのワークですが、そのワークを毎月受けにいらっしゃるクライアントさんも多く、3回目または7回目あたりから変化の幅が段々と大きくなって行くのを、クライアントさんご自身はもちろんのこと、ご報告を頂く私も共に感じていました。頂いていた変化後のリポートは、時間の都合でなかなかブログに手を付けられずにいたため、こちらには未だ記録していない状態ではありますが、ものすごい変容を遂げられた方も結構いらっしゃいます。とても辛い状況の中にいて、さらに落とされた状態の、言わば「どん底」から飛躍して行ったという感じでしょうか・・・。そのそのような変容を遂げられたクライアントさん達は、精神的にとても辛い中でも意識を保ちつつ、必ず良い方向へ変化させて行くんだ!という気持ちを持ち続けて臨まれたからこそ、大きな変容を遂げられたのだと思います。

2018年で大きく変容された方々

中には、突然「大役」をつとめる事になってしまい、そこからまたたく間に世に出て行かれた方も複数いらっしゃいます。他には仕事で評価されたり、昇格昇給された方もいらっしゃいましたが、また別の方で「二段飛び」にて出世された方もいらっしゃいました。通常、歴史ある大企業などにお勤めの場合、二段飛びで昇進していくということ自体あまり無い例ではないかと思われますが、そのクライアントさんが2年前にソウルリーディングのセッションにいらっしゃった時、私は「二段飛びで昇進しますね」と言いました。しかし、そのクライアントさんは「えっ!?でも、うちの会社は今までにそのような人は誰もいないんですけど・・・」とおっしゃいました。それに、そのクライアントさんがいる環境は、当時ひどい状況でしたので、頭で考え得るには信じられないという感じだったようです。しかし、この12月を経て結局そのクライアントさんは二段飛びで昇格してしまいました。まるで嵐のような状態で、何度も挫折しそうになったりして相当な試練だったようでしたが、クライアントさんは静かに耐え抜き、大変な状況が降って来る都度に私も遠隔のエナジーフルーエンスなどで応援させて頂きました。こちらのクライアントさんとは、まるで二人三脚のように共に歩んで来た感じでしたね。「現実を創るとは、まさにこのようなことを言うのだな」と、しみじみ実感致しました。こちらのクライアントさんのような変容について、他の方からもリポートを頂いておりますが、それはまた今度記録しておこうと思います。

 

セッションでお会い出来ることを楽しみにしております!
f:id:dolphinparty:20170829151702g:plain