その次の世界へ 魂の旅

目には見えない世界についてのメモ

note について(続き)

昨日は「note」というサイトにて書いてみる試みを始めたということをこちらでお伝えしましたが、あちらのサイトでのページの見方を少しだけ記しておこうと思います。


↓ 昨日のお知らせ

www.jyoti-session.com

 

↓ 以下は実際のnoteで私が書いた記事の画面です。

f:id:dolphinparty:20181102124453p:plain

こちらは無料で公開されているものになります。(こちらの記事に関しては誰にでも読んで頂ける設定になっています。)下にスクロールすると左端に2つのアイコンが表れ、右端にはSNSのアイコンが表れます。SNSのアイコンはシェアして下さる場合にお使い頂けます。左端のマークは「スキ」と呼ばれているもので、FacebookやInstagramでの「いいね」に該当します。まだ「スキ」していない場合は色がのようにグレーで表示され「スキ」するとハートマークの色が♥︎のように赤く塗りつぶされます。こちらはnoteに登録していない方も「スキ」して頂くことが可能ですので、もしよろしければ是非ポチッと押して頂ければ励みになります。

 

 

↓画面をさらに下へスクロールします。

f:id:dolphinparty:20181102124932p:plain

私のサロンのHPへのリンクが貼られた箇所「JYOTI*」が表れます。ページからすぐにHPの情報をご覧になりたい場合はこちらからどうぞ。

 

 

↓そして画面をさらに下へスクロールします。

f:id:dolphinparty:20181102124947p:plain

 こちらの上方には「この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか。気軽にクリエイターを支援出来ます。」とあります。このサポートというのは、いわゆる「投げ銭」というもので、有料記事ではなくても、気軽に「がんばって〜!」の投げ銭をして頂くことが出来るのです。投げ銭は仮想通貨のようなものではなく、実際の「円」でのお支払いになります。こちらの「サポートする」をクリックすると以下の画面になります。

 

「サポートする」をクリックすると出る画面です。

f:id:dolphinparty:20181102131203p:plain

私自身の記事に「サポートする」ボタンを押しても↑この画面が表示されないため、note公式の記事のところで出してみました。サポートの金額は100円からとなっており、これはサポートしたい人が選ぶことが出来ます。その記事を書いたクリエイターに500円をあげたいと思ったら、500円のところに表示されているコーヒーカップのマークをクリックして、さらに右下にある「サポートする」ボタンをクリックします。

 

一番右端のプレゼントマークの下に緑色の文字で3000とあるのは、例として私が入力したものです。実はサポート金額には上限は無く、1,000円以上の金額をクリエイターにあげたいと思った時は、プレゼントマークをクリックして頂き、任意の金額を入力して「サポートする」ボタンをクリックすればOKです。サポートする際に任意でクリエイターにメッセージを送ることも可能です。

 

非常に面白いシステムだなぁ・・・と思います。

私は昨日が初日だったのですが、無料記事だったのにも関わらず、そしてとても個人的な内容だったのにも関わらず、「スキ」とは別で既に6名の方から投げ銭(サポート)を頂きました。noteは音楽やデザイン、文筆、その他、様々なクリエイターが集まる場所で、何かを創る、表現するということを実際の仕事としてお金を得ている人が多くいるようです。私のような稚拙な文章で、特に実用的というわけでは無いのにも関わらず投げ銭をくれたりするのは、そういう人たちがクリエイションと表現に価値があるということを深く理解しているからかもしれませんね。投げ銭のサポートには心より感謝しております。私は文筆業ではありませんが、このようなシステムにおいて記事を書くことで、エネルギーバランスや自己価値も高く保っていけると思いますし、さらに書く意義を見出して行けそうです。

 

どうもありがとうございました。

月嶋ひかり